仕事も子どもと過ごす時間も充実した毎日に!
週3美ママ起業スタイルサロン主宰の松枝明葉です。

「仕事をしたくても保育園の空きがない・・」
「保育園落ちちゃったからまた来年まで働けない」

最近特に、こんな声をたくさん耳にします。

 

仕事がしたくても子どもの面倒を見てくれる人がいなければ、会社に復帰どころか、家の外に出て仕事をすることができません。

このような状況で子どもの預け先を探すのに苦労しているママがとても増えています。
最近では「保活」(子どもが生まれる前から保育園に入園させるために活動)なんて言葉も生まれてるくらい深刻な問題と化しており、ママさんの中では保育園探しに苦労するくらいなら仕事を辞めることを選ぶママさんも多いそうです。

働きたいから保育園になんとしてでも入れたい!保育園に預けられないと働けない!と思ってるママさんが多いと思いますが、子どもを保育園に入園させる以外に、子どもの保育を任せてママが働ける方法はないのでしょうか?

 

&nbs

p;

保育園以外に子どもの保育をしてくれる場所

1、地域の家庭保育サービス

「家庭的保育事業」「地域型保育事業」など、呼び方は様々ですが、地域によっては、教員免許や保育氏の資格などを保持している方での自宅の1室を保育室として解放し、少人数での保育を行うサービスです。

その地域の市町村区からの条件を満たして認定を受けた方が保育を担当するのでママとしても安心してお子様を預けることができます。

また少人数で子どもの保育を行うので、目の行き届いたサービスも期待できます。

保育者の自宅で保育を行うという点も、こどもにとっても自宅と変わらない雰囲気の中での保育ということで緊張しないでリラックスしてママの帰りを待っていられるということも家庭保育サービスだからこその良さだと思います。

やっぱり、ママとしては子どもを預けても、子どもが笑顔でママのお迎えを待ってくれてることが一番ですよね!

 

ただし、こういった家庭保育サービスを行っていない地方自治体もあれば、受け入れ可能な家庭の数、保育可能な子どもの年齢、5時間以上の保育が可能かどうかなど、こちらの希望に合わない場合もあるので、保育園同様、事前に調べておく必要もあります。

 

2、延長保育が可能な幼稚園<こども園>

「幼稚園に子供を預けると、お昼すぎたらお迎えに行かないといけないから働けない」

というのは昔の話で、

今の幼稚園は働くママさんでも預けられるように保育時間を延長できる「こども園」が増えています。

 

お昼ごはんの時間が過ぎても、幼稚園でこどもを預かってくれて、仕事が終わってお迎えにいくので、幼稚園であっても保育園と同じで長時間の保育を行なってくれるんです。

 

さらに地域によっては、保育園と同じで月の保育料の負担が少なくなるように幼稚園に通園させていても補助金が出るところもあります。

それなら、無認可の保育園に預けるよりも毎月の保育料の負担は軽くなりますよね。

 

保育園も認可と無認可の保育園があり、無認可の保育園だと国から補助金が出なくて月10万円以上も保育料がかかってしまうこともあるんです。

 

「保育料のために仕事をしているみたいだ・・」とつぶやいてるママさんも実際にいますし、私自身も認可保育園に預ける前は無認可保育園に子供を半年間ほど預けていたのですが、毎月保育料が10万円はかかっていました。

 

その点、補助金が出れば保育料の負担も少し減るので、生活にも精神的にも余裕ができます。

 

けれど、保育園よりも私立幼稚園の教育を望む家庭も多く、こういった点でもこども園は保育園と同様に入園が難しいとも言われているので4月入園で申し込みをする方が入園はしやすいです。

 

ベビーシッターサービスを利用する

ベビーシッターって値段が高額で頼み辛いイメージを持っている方って、結構多いのではないでしょうか?

 

最近は教員免許を持っていたり、実際に保育園に勤めていた元保育士さんに1時間1000円程度でシッターさんとして依頼できるベビーシッター専門サイトというものがあります。

 

手頃な価格で気軽に利用できるということから、お仕事をしているワーママ以外にも、ちょっとリフレッシュしたいママさんも結構利用しているそうです。

 

保育経験のある方に子ども面倒を見てもらえるのは、ママ的には安心できますよね。

 

私は娘の学校のない土日や、平日夜の打ち合わせが入った時などこのシッターサイトを頻繁に利用しています。

助けてくれる両親や親戚や身近にいればいいのですが、あいにく誰もいないので、急な用事は託児をお願いするしかありません。

 

ただベビーシッター派遣会社に依頼をした場合、1時間2000円から3000円程度するので、

1時間の託児料金のお値段がお手頃なシッターサイトに登録している方に託児をお願いしています。

 

ちなみに、その日の予定の合う方にお願いをしているので、まだ同じ方にシッターさんの依頼をしたことがないのですが、

娘は親戚が遊びに来てくれたような感覚で、どの方が来ても大喜びでしっかりと遊んでもらっています(笑)

 

子どもにとっても慣れない場所でママの帰りを待っているよりも、普段生活している自宅でママの帰りを待つ方が、

気持ち的に安心して待っていられるのではないかな?

 

シッターサイトを通じて定期での託児依頼も行えるので、子どもの保育園が決まるまで、数ヶ月程度の短期間なのであれば、思い切ってシッターさんを利用するのも1つですよ。