子どもと過ごす時間も収入もしっかりある♡週3日美ママワークライフ
【週3美ママ起業スタイル】 プロデューサーの松枝明葉(まつえあきは)です。

 

SNS活用の仕方で何が知りたいか?と、受講生さんに質問したところ

「たくさんの人の、目に止まるような記事の書き方を知りたい!」

「興味の引く発信の仕方が知りたい!」

といった

【何をどう投稿すれば注目をされるのか?】

を知りたいという回答をよくいただきます。

 

▲新講座ではフォロー体制の1つとして、
チャットワーク上で受講生さんからの相談を受けつけています^^

 

 

ママ起業をされている方の多くは、
Facebookを集客に繋がりやすいウェブ媒体の
1つとして利用しています。

 

最近では大手企業も
Facebookページを活用して広告を打っているのを
よく見かけますね。

 

集客に繋がるって聞くから!
みんな使っているから!

 

と、いう理由で
活用している方がどんどん増えている
Facebookですが、

上記の理由で使っている方からは

「少しずつ増えていったいいね!がなんだか減ってきてる?」
「お友達の数は増えても、いいね!はコメントといった反応が全くない」

 

といったリアルな声をよく聞きます。

 

 

さらに、SNSを活用するといっても

利用者さんからの反応がなければ宣伝としての拡散もできないので
いいね!が減ったことに悩んでしまう方も多いと聞きます。

 

ここではSNSの中でもフェイスブック投稿について
このような問題がなぜ起こるのかをまとめてみました!

 

投稿のいいね!が減ってしまう理由は?

 

はっきりいって、

お客さんになるかもしれない閲覧者さんから
すでに飽きられてしまっている

 

可能性が高いです。

 

 

 

ここでちょっと思い出して見てください。

 

テレビを見ていたら流れてくるCMで、
毎回毎回、同じ曲、同じ画像が
毎日長期間流れていたら

他のCMが見たいって飽きてきませんか?

 

 

飽きたというよりも

「あ、またか・・」

「そろそろ新しいCMがみたいな」

「他にCMはないのか!!!」

って思っちゃいませんか?

 

 

フェイスブックもテレビCMと同じように

画像文字といった
視覚からお客さんの興味を引くことができる媒体の1つです。

 

今はライブ配信もできるので
テレビと同じように動画で情報を伝えることもできます。

 

 

 

「お客さんからの反応がなくなってきた」

 

と、いう状態って

 

テレビCMのようにお客さんがちょっと飽きてしまっている

ということが理由の1つとして考えられます。

 

 

いつも同じ自撮り(写真)が続いてしまっていない?

 

 

 

私もよく自撮りをしていますが、

フェイスブックに“自撮り”写真を投稿してる起業ママさんをよく見かけますね。

その投稿する写真にも、ちょっと注意が必要なんです。

 

前項で伝えたように、

フェイスブックの投稿って

テレビCMと同じ効果があるんです。

 

CMもフェイスブックの投稿も、パッと目につくと見ませんか?

 

CMはハッと目をひいて且つ覚えてもらい、

そこからお客さんの「欲しい!」とか「買ってみようかな」という気持ちになるような仕掛けをしています。

↑もちろん聴覚からも伝えていますよ!

 

 

情報を伝える時に使う画像が

・いつも同じ角度からの写真の画像

・いつも同じ表情の画像

・いつも同じ場所の画像

といった

 

見ている側としても
毎回同じ写真ばかりを常に見ていると

ちょっと違う写真も見たくなるのが人間の心理です。

 

気づけばいつも背景が白のところで自撮りをして
写真を載せていませんか?

 

投稿に使う写真についても飽きさせない工夫は必要です。

 

 

提供してる商品に魅力がないのかも?

 

 

集客や宣伝目的でフェイスブックを使っている方にとっては

致命傷とも言えるこの問題、、

 

投稿する内容は自分がお客さんに提供する商品についてが

ほとんどだと思います。

 

お客さんからの反応がなくなったということは

提供する商品への魅力が
感じられなくなったということです。

 

ライバル他者と差別化できる強みを打ち出せていますか?

 

もし反応がよかった時と同じ商品・内容を言い続けているのであれば

提供する商品の質などを見直す時期かもしれません。

 

Facebookはあくまでも、

提供する商品を知ってもらい、

集客につなげることもできるツールです。

 

提供する商品に魅力を感じられないと、

お客さんも興味を持って投稿を見てくれないものです。

 

「Facebookを使えるようになれば、集客できる!お客さんを呼べる!」

というのは間違っていませんし、
(成約率で考えても数字は高いし、リピート客も獲得しやすいです。)

投稿もビジネス業種別に適した方法はあります。

 

けれど、それ以前に提供する商品に魅力を感じなければ反応も薄いです。

 

あなたがこれをやりたい!と思ったオリジナルビジネスも
ニーズがある商品かどうかをここで再確認してみましょう。

 

作られた自分になっていない?

 

 

Facebookはそもそもコミュニケーションツールです。

 

あなただったら、

素をさらけ出してくれる人と本当の自分を隠している人と

どちらの人に好感が持てますか?

 

こんなこと書くと自分っぽくないし、、って思って投稿をしていると

その気持ちが文章にも知らず知らずのうちに反映されているものです。

 

ビジネスで使うから。。じゃなくて

まずは自分を知ってもらえるように使うことを意識すると

思った以上の反応が取れたりします。

 

実際に受講生さんで、恋愛コーチの原口あやこさん

自分が思っていること、これまでの気づきを思ったまま感じたまま素直に書いています。

 

そこから、「原口さん、ぜひ話を聞いてください!」と継続契約をされる方が現れました。

 

●あやこさんのブログはこちら
理想の彼からずっと愛される魔法のレッスン

 

自分が思ったことを素直にかくと、

飽きられる・嫌がられることなく逆にあなたのファンがつくんですよ!

 

自分という個性を消さないでフェイスブックの投稿をしていきましょう^^

 

 

________________

好きな時に子どもと過ごす時間も
自分に自己投資できる余裕のある収入もある♡
週3日美ママワークライフを叶えるまでのステップを無料公開中

↓ 無料メール講座の購読は画像をクリック ↓

▲ 購読者さんだけ参加できる特別な特典もお知らせしています。